So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

SONY α7II 【京都旅行】 [デジタルカメラ]

先日、衝動買いをしたSONY α7IIですが、約1か月ほど使用したところで簡単にレビューしてみたいと思います。

まず大きさと重さですが、これは抜群ですね。
主力機のCanon EOS 5D Mark3と比較すると、
EOS 5D Mark3 本体約950g : α7II 本体約600g
これにセットする標準レンズ
EF24-70mm F4L IS USM 600g : FE24-70mm F4 ZA OSS 426g
合計
EOS 5D Mark3 約1,550g : α7II 約1,026g
その差、524gとなりますので、500mlのペットボトル飲料1本分の差があります。
この軽さ、標準レンズ1本のみで出かけるような旅行やちょっとしたお出かけ時には、とても強力な武器になります。
先月末、社員旅行で京都を訪れましたが、その時の相棒がα7IIでした。
機材が嵩張ることもなく、いつもより一回り小さいカメラバック(EOS KISS X7用に購入したカメラバック)で出かけましたが、全く問題なく大丈夫でした。

DSC00126.JPG


DSC00128.JPG


DSC00167.JPG


DSC00178.JPG


USBメモリー USM16SA1 [PC]

_20150909_223437.JPG


今日は岡山まで出張していますが、訪問を予定している先様より、資料を紙媒体で持ってきて欲しいという連絡が入りました。とりあえずデータを印刷できるビジネスコンビニはあるのかしら?ということで探してみると ACCEAさんというお店がありましたので、早速、電話を入れてみました。

私 斯々然々、データ印刷は出来ますか?
店 はい、できますよ。データの形式は何ですか?
私 PDFファイルです。
店 わかりました。普通紙への印刷で良いですか?
私 はい、普通紙でお願いします。
  ところでデータはマイクロSDカードでお渡ししても大丈夫ですか?
店 えっ!マイクロSDですか?ちょっと確認しますね。
・・・・・
店 すいません、通常のUSBメモリーでお願いできませんか?
私 えっ!えーと、分かりました。

とは言ってみたものの、本日の出張のお供はXPERIA Tab Z2 なので、通常のUSBメモリーはそのまま単体では使用することが出来ません。とりあえずUSBmicroBへの変換のためにアダプター(ホストケーブル)が必要になります。そこで岡山駅前にあるビックカメラさんへと向かいました。そして、ホストケーブルと安いUSBメモリーでも仕入れようかと店内を物色していた時、目にとまったのがこのUSBメモリーでした。

ちょっと見た目はコンパクトなUSBメモリー、でも本体に見える部分は実はキャップで、そのキャップを捻って外すと、そこにはUSBmicroBが出てくるという素晴らしいアイデア製品です。

_20150909_224031.JPG


しかし、Windowsと違い、何かと制約が生じることが多いAndroidなので、このまま買っても良いものかと考えておりました。

多分、大丈夫だろう・・・
パッケージの説明書を見る限りは問題無さそうだし・・・
SONY謹製だからXPERIAで使えないなんてことはない・・・ はず
でもAndroidだしな~

そんな時、コール徳島の野田店長のblogで確かこの製品を取り上げていたよな?と思い出し、店長のblogを検索してみました。するとちょっと前の記事でしたが、製品紹介が書かれていて単体で無事に使えるということが確認できました。
これで安心、無事購入と相成りました。

近くの喫茶店に入り、早速試してみましたが、いやはやこれは便利です。無事にタブレットから資料データをコピーして、ACCEAさんで印刷していただくことが出来ました!
今回のようにタブレットからデータを取り出すのは勿論のこと、PCとタブレット・スマホ間のデータやり取りなども楽々になりそうです。ちょっと値段が高めなのがネックですが、ホストケーブル無しで使える利便性を買うと思えばOKではないでしょうか。

PCとAndroidタブレットの併用ユーザーにはぴったりの製品だと思います。


誕生日ケーキ [雑記]

もう昨日になってしまいましたが、9月8日は我が家の愚息2号君の誕生日でした。

DSC00418.JPG


19歳になった10代最後の誕生日、夕食は彼女と車でお出かけデートへ!
まあ父と母は至って普通の食事を済ませました。
関東大学に進学している愚息1号は大学3年生、大学院へ進むのか否かはわかりませんが、恐らく関東方面でそのまま就職しそうな予感もします。
4月から3年制のスポーツ系専門学校に進学している愚息2号は、トレーナーの公認資格取得を目指して勉強中です。高校3年間では一度も見せたことがないような勉強する姿を見て、ああ、やはり主体的にやりたいと思うことは大切なんだな~と、改めて思いました。

まあ、3年生になるまで、あと2回は愚息2号の誕生日ケーキを買うことが出来ると思いますが、そんなことを考えていたら、なんだか少し感傷的になってしまいました。
本当に子供の成長は早いものですね・・・。


14年前、5歳の誕生日
DSC00005.JPG


10年前、9歳の誕生日
DSC02073.JPG

愛知万博のマスコット モリゾー・キッコロのイラスト入りでした。



ドクターイエロー [雑記]

DSC_0110.JPG


昨日になりますが、出張の移動中に新大阪駅でドクターイエローに遭遇しました。
まだまだ夏休みの最中で、駅には子供連れも多く、みんなカメラやスマホを手に写真を撮っていました。そこで私もスマホを取り出してパチリと撮影してみました。私のスマホはSONYのXperiaなので、搭載カメラは当然のことながら定評のあるSONY製です。
贅沢なことを言わなければ、一昔前(二昔前?)のコンデジ相当には写っているのではないでしょうか?

DSC_0111.JPG


このドクターイエロー、よく幸運の印とか、見ると良いことがあるなんて言われていますが、さて何か良いことは起きるでしょうか???


SONY α7mark2 [デジタルカメラ]

今日(正確には昨日)のお昼過ぎ、玄関でチャイムを鳴らす人がいました。
インターホンで確認してみると、そこには佐川急便のお兄さんが微笑んでいました。

優しい微笑みの佐川急便のお兄さんから大きめ段ボールを受け取り、さっそく開封してみると、なんとそこには・・・・・

DSC00012.JPG


AV0A1378.JPG


AV0A1379.JPG



カメラCanon EOSシリーズに統一して久しく、観音様へのお布施も欠かさないように信仰心を厚くしていたつもりなのですが、やはりこの夏の暑さで何かが壊れたようです。
またSONY VAIOの頃からお世話になっている「CALL 徳島店」の野田店長様のブログを読んでいるうちに、なんだか買わないといけないような気になってしまって・・・・・ 何かの暗示が掛けられていたのかもしれません。

まあともかく、久しぶりの「SONY 愛」が復活といったところです。

AV0A1375.JPG


今日は大阪へ行ってきました [雑記]

昨晩ですが「そうだ、大阪へ行こう!」とJR東海/新幹線のキャッチコピーもどきの無謀な発案をしてしまいました。その理由はこれです。

WI4A1524.JPG


我が家の奥様ですが、大大大ディスニーファンであることはこのブログでも紹介してきました。しかし、ここ数年のディズニーランド&シー、というより運営会社のオリエンタルランドには相当の不満があるらしく、曰く「古くからのディズニーキャラを大切にしていない」、「ディズニーの歴史を大切にしていない」、「ディズニーシーのコンセプトがアナ雪導入で崩壊している」、「わけのわからない新キャラクターばかり」、「パレードや花火も減り、アトラクション以外の楽しみが無くなったり陳腐化している」等々、かなり手厳しいです。(株主総会で言ってきたらとも思いますが・・・)
確かに年末のカウントダウンでもオールナイトの営業は無くなる、花火も無くなるなど特別感もへったくれもなくなったのを見ると、ちょっと儲け主義に走りすぎという気がしないこともないのですが・・・

そんな奥様の最近の超お気に入りが「ふなっしー」です。

昨晩、奥様が「大阪にできたふなっしーランドで、明日、新商品の発売とキャンペーングッズのプレゼントがある~!」、「東京や大阪ばっかり、ずる~い!」、「名古屋にも期間限定でなく常設店を作れ~!」と叫ばれておられました。まあ、今年は夏休みにディズニーに行くのを見送ったことだし、ここは思い切って連れて行ってあげようかと考え、思い立ったが吉日とばかりに本日行ってきた次第です。
しかし、世の中には奥様同様のふなっしーファンがたくさんいるのですね!お店が10時開店とのことだったので、遅くとも9時30分までには着くように名古屋から出発したのですが、すでに行列ができていました。

WI4A1498.JPG


WI4A1500.JPG


WI4A1513.JPG



なんだかんだとたくさん買い込んだ奥様、持参したバッグにふなっしーグッズを詰め込んで、どうやら御満足頂けたようです! ヨカッタ、ヨカッタ!

WI4A1532.JPG


WI4A1530.JPG


それにしても今日の大阪は暑かったです。

今夜の月は ブルームーン [デジタルカメラ]

今日のMSNのニュースに「今夜の月は ブルームーン」という記事がありました。
ブルームーン = Blue Moon = 青い月? 何それ? と思いましたが、月が青くなる訳ではなく(当たり前ですね)、1か月内に満月が2回あること、或はその2回目の満月のことをブルームーンと呼ぶそうです。また大気中の塵の影響で青味がかって見える月もブルームーンと呼ぶそうです。
今日は今月2回目の満月のブルームーンです。

会社からの帰り道、車の中から空を見るとブルームーンの満月がとても綺麗に輝いていました。そこで帰宅してから早速、防湿庫からカメラを引っ張り出して撮影してみました。
最初はEOS7D Mark2に先日購入したTamron A010E 28-300mmを装着してみました。

7d-tamA010-1.JPG


しかし、キヤノンのAPS-Cサイズセンサーに焦点距離300mmのレンズ=480mm相当になりますが、さすがに月は遠いですね。そこで大トリミング大会を実施したのが次の写真です。

7d-tamA010.JPG



しかしこのままではイケない!と思い、旧型になってしましましたがEF100-400 L を持ち出して撮影+大トリミング大会をしてみました。

7d-ef100-400-0.JPG


そしてブルームーンなので、
7d-ef100-400-1.JPG


もう一つおまけで
7d-ef100-400-2.JPG



型落ちになってしまいましたが、Tamron A010Eと比べるとCanon EF100-400 F4.5-5.6 L IS の方が解像感が高いように感じられます。価格を考えれば、また夏の湿度の高い空気が存在することを考えれば、Tamron A010Eも善戦していると思いますが、やはりLレンズを名乗るだけあるなと思いました。それにしても相変わらず腕は無いのに、新型の100-400が気になって仕方がない、そんな今日この頃です・・・・

高倍率ズーム Tamron 28-300mm Di VC PZD A010 [デジタルカメラ]

DSC01688.JPG


ふと防湿庫を見ると、EOS用のレンズは気が付けば純正ばかりになっていました。レンズについては決して純正主義というわけではなく、時々ですがSIGMA、Tamron、Tokinaのレンズも購入・使用していました。サードパーティーのレンズは価格面でのメリットのみを語られてしまうことも多く、正当な評価を受けないことも多いと思いますが、純正にはないラインナップもあり、上手く使えばカメラライフも豊かになるのではないかと思います。
特に最近はSIGMAのArt単焦点シリーズが気になっています。

そんな中、ちょっと海外出張のお供にEOS 5D Mark3を連れだすこととなり、はてさて何を持って行こうか?ということになりました。
撮影対象は食品工場や水産物の養魚場や周辺の環境、目的は販促資料への使用なので、基本は広角寄りで撮ることが多くなりそうなことから、EF16-35mm F4 Lは外せないところです。
もう1本はどうしようか?EF24-70mm F4 L IS USMか?それとも70-200mm F4 L IS USMあたりか?いっそのこと単焦点を2~3本持ち出すか?迷いだすと決まりません。
そこで無謀な?選択として、標準域から望遠まで幅広くカバーできる高倍率ズームを購入してみることにしました。ヨドバシのポイントがだいぶたまっていたので、かなりお安く買えるというのが最大の決め手でしたが、ネットでの評判や作例などを見ても、過大な期待さえしなければそこそこ良さそうなレンズではないかと考えて、タムロンのA010に決定しました。
もっとも純正の20-300mmはサイズも価格も全く違う白筒なので、キヤノンユーザーがリーズナブルに買って使えるのはこれしかないところです。

DSC01689.JPG


DSC01699.JPG


DSC01707.JPG


DSC01708.JPG


DSC01710.JPG


DSC01714.JPG


DSC01716.JPG



とりあえず5Dにつけた感じは、24-70や24-105と比べても軽くて疲れにくそうです。
まだ僅かなカットしか撮っていませんが、画像をPC上で拡大した際の解像度(解像感)などは24-70や24-105よりも少々劣っていると思います。しかし用途を考えれば、充分に実用的なレンズだと思います。
後日、作例もアップしてみたいと思います。


EF50mm F1.8 STM 実写 [デジタルカメラ]

先日のブログで取り上げたキヤノン謹製の新・撒き餌レンズことEF50mm F1.8 STM の実写です。と言ってもしっかりしたレビューでもなんでもなく、とてもテキトーに撮っただけですが、それでも結構よく写るレンズということで・・・。

EF50mm1.8STM-1 f4.0.JPG

camera EOS 5D Mark3 絞りf4.0


EF50mm1.8STM-2 f2.8.JPG

camera EOS 5D Mark3 絞りf2.8


EF50mm1.8STM-3 f6.3.JPG

camera EOS 5D Mark3 絞りf6.3


EF50mm1.8STM-4 f2.8.JPG

camera EOS 5D Mark3 絞りf2.8


EF50mm1.8STM-5 f2.8.JPG

camera EOS 5D Mark3 絞りf2.8


絞り開放からf2.8ぐらいまでは単焦点レンズらしい素直なボケ味も楽しめると思います。きりっとした解像感を求めるのであれば、やはりf4.0ぐらいまでは絞った方が良いかもしれません。
このあたりは個人の考え方や好みもあるところなので、参考までにということで。


EF50mm F1.8 STM + EOS [デジタルカメラ]

Canonから発売された新・撒き餌レンズこと「EF50mm F1.8 STM」を購入してみました。購入はAmazonで、ポイントがあったので10,000円未満で購入することが出来ました。
とりあえず手持ちのEOSボディに取り付けてみました。

EOS 5D Mark3
5d-1.JPG


5d-2.JPG


5d-3.JPG


5d-4.JPG


EOS 7D Mark2
7d-1.JPG


7d-3.JPG


7d-2.JPG


EOS KISS X7
7-1.JPG


7-3.JPG


7-2.JPG


基本的には小さなレンズですので、ボディとのマッチングではKISS X7が一番似合っているように思います。ただAPS-Cでは1.6倍換算の画角になりますので、50mm×1.6=80mmと望遠寄りの画角になります。個人的にはちょっと使いにくい画角になってしまうので、やはり5D Mark3との組み合わせが使いやすい感じです。なんといっても軽いレンズなので、カメラバックの中に気軽に忍ばせておくことができます。
機能面では、APS-C用のEF-Sレンズでおなじみのステッピングモーターが採用されており、AFは静かで満足できる速さだと思います。
EF50mm F1.4 USMの使用感と比べてみても、AFが遅くて困るようなことはないですね。またF値が1.8と一段暗いのですが、最新のレンズらしく、開放からでもしっかりとした描写を見せていると思います。(F1.4の開放域における柔らかな描写は、また別の味わいがあると思いますが)
エンジニアプラスチックが採用された外装は、高級感があるとは言えませんが、かといってチープな感じでもなく、程良い感じといったところです。

お求めやすい価格でレンズ沼へと引きずり込む、とっても素晴らしいレンズだと思います。

7d-4.JPG



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。